image1
 
main menu
■ TOP
■ 本院の紹介
■ 最新情報
▼ 診療科目
  歯周病治療
  歯科矯正治療
  歯科矯正治療とは
  治療の進め方
  インプラント
  ホワイトニング
■ スタッフ紹介
■ 治療費
■ メール相談
■ リンク
■ アクセス
■ 診療科目
 
●歯科矯正治療
歯科矯正治療とは
●歯の痛みは虫歯や歯槽膿漏、親知らずで起こることは良く知られています。それらの症状の原因の一つに歯ならびが悪いことがあげられることをご存知ですか?
歯ならびが悪いとどうしても歯垢や歯石が付着しやすくなります。
それらが虫歯や歯槽膿漏の原因となるのです。芸能人にも多い八重歯は遠くから見ると可愛く、チャーミングに見えますが、専門的に見ると歯垢のかたまりがこびりついていたりします。
“歯ならびのデコボコ”は歯の大きさと歯の周囲の骨(歯槽骨)の大きさのアンバラスが原因です。
そのような場合、症状によっては健康な歯の抜歯によってスペースを得て、歯ならびを整えます。健康な歯の抜歯は患者様にとって局所的に見れば不利益になりますが、下写真の様に、それによって得られるきれいな歯ならびは、患者様の歯の健康や、すばらしいかみ合わせ、または美しいスマイルなどの様々な利益をもたらします。
八重歯(叢生)の治療前  
八重歯の治療前1
八重歯の治療前2
八重歯(叢生)の治療後
八重歯の治療後1
八重歯の治療後2
また親知らずの原因も智歯の周囲の骨のスペースが無い事、すなわち智歯の歯ならびが非常に悪いことなのです。下写真の様に、多くの患者様が親知らずのために歯科大学附属病院の口腔外科等において比較的困難な智歯の抜歯を行っています。
親知らずの抜歯前
親知らずの抜歯後
親知らず(智歯)の抜歯前 
親知らず(智歯)の抜歯後

●お子様が小学3〜4年生で「出っ歯」「受け口」になっていませんか?

歯ならびの土台となる骨を上顎骨と下顎骨と呼びます。それらの骨の位置や大きさのアンバランスや変形、すなわち“土台のズレ”ている状態を顎変形症と呼びます。そのズレが大きい成人では下写真の様に、外科的手術を併用した矯正治療をせざるを得ない場合が多くあります。
顎変形症(骨格的下顎前突) の治療前
顎変形症の治療前1
顎変形症の治療前2
顎変形症(骨格的下顎前突) の手術後
顎変形症の手術後1
顎変形症の手術後2
しかしながら、「出っ歯」や「受け口」のお子様が思春期前の学童期から矯正治療を行うことにより外科的手術を回避する事やその程度を軽減する事ができる場合があります。
下写真の様に、治療開始時期が早ければ早いほど良い結果の得られるケースもありますので、早めに歯科矯正治療を受診されることをお勧めします。
出っ歯(上顎前突)の治療前
出っ歯の治療前1
出っ歯の治療前2
出っ歯(上顎前突)の第一期治療後
出っ歯の第一期治療後1
出っ歯の第一期治療後2
受け口(下顎前突)の治療前
受け口の治療前1
受け口の治療前2
受け口(下顎前突)の第一期治療後
受け口の治療前1
受け口の治療前2
●問題は歯ならびのデコボコと土台のズレなのです!
歯科矯正治療はこれまで述べたように不正咬合、すなわち“歯ならびのデコボコと土台のずれ”を治す治療法です。患者様の症状や年齢によって治療内容や、期間が少しずつ異なります。
最初に科学的根拠に基づく検査、診断を徹底的に行い、問題点の把握と的確な治療ゴールを設定し、「最適の治療内容で最短の治療期間」を患者様に提供しています。

TOPヘ

 
Copyright (c) Suijin Dental Clinic. All Rights Reserved.