水神デンタルクリニック
image1
 
main menu
■ TOP
■ 本院の紹介
■ 最新情報
▼ 診療科目
  歯周病治療
  歯科矯正治療
  歯科矯正治療とは
  治療の進め方
  インプラント
  ホワイトニング
■ スタッフ紹介
■ 治療費
■ メール相談
■ リンク
■ アクセス
■ 診療科目
 
●歯科矯正治療
◆治療の進め方
(1)歯科矯正相談
患者様、学童期の患者様は保護者の皆様と歯科矯正治療に関する相談をお受けいたします。内容は主に不正咬合の原因、症状の程度、治療の進め方、具体的な治療方法、治療費の概略を説明いたします。
(2)歯科矯正検査
矯正治療を始めるにあたり、下写真の様なX線写真撮影(セファロ、パントモ)、顔や口の写真撮影、口腔の印象採得、など様々な検査を数日に分けて行います。同様の検査は治療中に数回、治療終了時にも行います。
撮影された正貌セファロ写真と側貌セファロ写真
撮影された正貌セファロ写真
側貌セファロ写真
(3)歯科矯正診断
検査内容を科学的根拠に基づき徹底的に分析検討し、問題点の把握と的確な治療ゴールを設定いたします。内容については下図の様に歯の動き等もパソコンを用いてわかりやすく説明いたします。
歯科矯正診断
(4)歯科矯正治療
患者様の症状や年齢によって治療内容や、期間が少しずつ異なります。
第一回目の治療日の内容
学童期の患者様に対しては、症状によって装置の準備から部分的MBA(マルチブラケットアプラアンス)の装着まで様々です。いずれにしろ比較的違和感は少ないと思います。
同時に歯みがきの指導を行います。
成人の患者様に対してはMBA(マルチブラケットアプラアンス)の装着する場合が多いです。体質にもよりますが、装置装着の翌日に疼痛を感じる患者様が多いようです。これは歯の周囲組織(血管や神経)の矯正力に対する急性反応ですが、一週間以内に疼痛は消退いたします。同時に歯みがき指導を行います。
(5)保定観察
歯ならびデコボコや土台のズレの修正が終了したら、保定・観察期間が必要になります。これは歯が元の位置に戻ろうとするのを防ぐために行うものです。期間は約2年で3ヶ月〜半年に1回程度、診察します。この期間は保定装置を使用してもらいます。
 
Copyright (c) Suijin Dental Clinic. All Rights Reserved.