水神デンタルクリニック
image1
 
main menu
■ TOP
■ 本院の紹介
■ 最新情報
▼ 診療科目
  歯周病治療
  歯周病について
  治療の進め方
  最新レーザー併用
  歯科矯正治療
  インプラント
  ホワイトニング
■ スタッフ紹介
■ 治療費
■ メール相談
■ リンク
■ アクセス
■ 診療科目
 
●歯周病治療
◆治療の進め方
1 検査
  レントゲン検査、歯周ポケット検査、歯の動揺度、咬合状態などを検査させて頂きます。
歯周ポケット検査
   
軽度歯周炎
中程度歯周炎
(1)歯周ポケット 3mm
(2)歯周ポケット 5mm
(3)歯周ポケット 7mm

(軽度歯周炎)

(中程度歯周炎)
(重度歯周炎)
レントゲン検査
 
正常像
重度に進行したレントゲン像
正常像
重度に進行したレントゲン像
2 治療計画の説明
  現在の歯周病の状態やどのように治療していくかを説明し、理解と同意を得てから治療に入ります。
私たちがベストと思っている治療を御本人が望まない場合もあります。
“どこまで治したいのか?”という希望を含めて良く話し合うことが大切です。
3 ブラッシングの改善
  歯周病になってしまったのは、今までのブラッシングが不十分であった理由が大きいです。 今までの弱点を補い、改善することが治療の成否を握っています。
4 スケーリング・ルートプレーニング(SRP)
 
歯周ポケット内の根面についた歯石や汚染物質を除去します。
通常は局所麻酔下においてキュレットという器具を用いて根面を清掃します。
当院では、レーザーを併用することが可能です。
5 咬合の安定
  ・咬合調整・・・外傷性咬合の改善
・暫間固定・・・動揺歯の固定、安定
・仮歯作製・・・欠損部分も咬める状態にする
・治療用義歯・・・欠損部分も咬める状態にする
6 再評価
  基本治療後に再度、歯周ポケット検査を行ない、以後の治療方針を話し合います。
初診時の歯周ポケット5o程度なら、ここまでで改善し、メインテナンスに移行します。
7 歯周外科手術
  歯周ポケットが6o以上の場合、深い位置の汚染物質除去のためフラップ手術が必要となります。
 
垂直的に骨が溶かされている状態
垂直的に骨が溶かされている状態1
8 補綴治療
  最終的な被せ物を作製します。
9 再評価
  歯周外科処置後の治療効果を判定し、メインテナンスの間隔を決定します。
10 メインテナンス
  メインテナンスを行った場合、長期に渡り良好な経過を維持できることが多くの研究で明らかになっています。
近代歯周病学でメインテナンスは歯周サポート治療(SPT)として位置付けられ、原因除去治療、修正治療後に続けて行うべき重要な治療期間であるとされています。
個々により治療の進行が異なるため、メインテナンスの期間も異なります。
(注意) 歯周病治療に伴い、皆様がマイナスに感じる要因もあります。
治療の性質上、御理解して頂きたいと思います。
1
歯肉退縮による知覚過敏や歯冠長延長
2
咬合調整や、連結、固定のための歯牙削合
 
 
Copyright (c) Suijin Dental Clinic・ All Rights Reserved